捨てる前に考えて!新しいものへ生まれ変わること

資源ごみが再利用されるまでのステップ

世界と日本のリサイクル事情

日本では、ゴミ出しの際に「分別」が義務付けられています。 自治体ごとに回収する曜日や回数は異なりますが、必ず「資源ごみ」という曜日が設けられているでしょう。 それには、新聞紙、雑誌・本、段ボール、ペットボトル、紙パックなどが挙げられています。 これらは、再利用可能な「資源」となるのです。

資源ごみとなるものには何がある?

近年、日本では「ゴミの分別」自体が習慣化され、だいぶ浸透してきました。
しかし、日本と世界のリサイクル率を比較してみると、日本は世界に比べ、残念ながら、まだまだ意識も結果も低くなっています。
これらの状況を色々な側面から見ていきましょう。
まず、日本では、各個人や家庭ごとに、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなど決められたものごとに分けて出す「分別」することが定められています。
しかし、世界の多くは、ゴミは全てまとめて出し、収集所で、業者が種類ごとに分ける「選別」方法を採用しています。
分別には、特定の業者人員を割かずに済む、選別には、正しく多くのものを資源にできる、などどちらにもメリットがあります。
分別か選別かの選択は、国ごとの経済状況や立地なども関係してきているようです。
地球の環境問題を見ても、リサイクルが推奨されるのは最もで、各国が出来る限り実施したいところでもありますが、人材確保や土地柄どうしてもできないこともあり、歯痒いところでもあります。
日本では、国土柄、ゴミの埋め立てには不向きなため、ゴミは殆どが焼却に回されています。
資源ごみとされている、新聞や雑誌などの紙類や段ボール、ペットボトルでさえも、「燃やすことができる」とし、焼却している現状もあります。
それらは、焼却した際に発生する熱をエネルギーとして回収し、利用することで、リサイクルしていると主張する日本ですが、この方法は世界では、リサイクルとして認められていません。
新しいものとして再利用はしているものの、焼却には、焼却するためのエネルギーも必要となってしまうためでしょう。
経済状況や風土にもよりますが、国ごとに自国に合った対策が必要となるでしょう。
日本では、もっとわかりやすく、取り組みやすい分別システムの構築が必要となりそうです。

正しいゴミの分別が自分の未来を助ける

資源ごみに分類されているものを正しい方法で出し、回収してもらうと、新しいモノになって、また世の中に出回ります。 しかし、せっかく資源となるゴミも、正しい方法でないと、再利用できなくなります。 今後の自分自身を助けるためにも、正しく分別することがポイントです。 1人1人の意識が、より良い未来を作るでしょう。

全てがリサイクルできるわけではない

「ごみリサイクル」という言葉もあるように、全てのゴミを再生できればいいのですが、そうもいきません。 ごみとなったものを再生するためには、数々の工程が必要となり、その工程には他のエネルギーも必要となるためです。 また、衛生面的にもリサイクルに回せないものも多いのです。